ゆめよみってこんな感じです(その3)


「ゆめよみインストラクター養成プログラム」

にて、受講者さんの描いた「ゆめよみ」と、

その読み解き、第三弾です。

 .

第一弾は、こちらから、

第二弾は、こちらからどうぞ!

 .

 .

タイトルはこれも「今年のクリスマスに自分にあげたいご褒美」です。

受講者さんは、旅行にでかけたい、とのことでした。

 ..

荷物を持って外を歩いているところから

「愚者」よいアイデア、始まりの予感、人生上の重要な選択

……受講者さんの人生に、重要な始まりが近づいているようです

 .

 .

主人公の左側を見ると、木が1本あります。

「棒のエース」始まりの始まり。物事が始まる時の強いエネルギー 

……受講者さんは、旅行にとても意欲的なようです。

 .

 .

左下にウサギが描かれているところから

「金貨の女王」よく働く、お金を自分で動かせる女性、質素

……旅行の資金は自分自身で用意できる(するようになる)でしょう。

 .

 .

木に4つの実がなっているところから

「金貨の4」執着する、物質的なこだわりが強い

……資金をしっかり貯めたいと思われているようです。

 . 

最後に、川に船が浮かんでいることから

「金貨の2」軽快なやりとり、順調、揺れる心、資産運用

……上手に運用して旅行資金を貯めるのかもしれません。

  また、この受講者さんのゆめよみには、繰り返し「船」があらわれます。

  船には「助け手」の意味もあり、

  今の生活を助けてくれる何かや誰かが現れるか、

  ご自身が誰かを助ける可能性も考えられます。

 .

などなど、のことが読み取れました。

絵に描ける、ということは、イメージできるということ。

イメージできるということは、

そこへ向けて歩んでいけるということです。

 .

この受講者さんのゆめよみには、金貨の意匠が多く現れました。

ご自身の中では、もう具体的な計画が始まりつつあるのかもしれません。

楽しみですね(^ ^)。

 .

クリックでの応援、感謝です(^人^)

リンクバナー

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください