ゆめよみってこんな感じです(その2)


「ゆめよみインストラクター養成プログラム」

にて、受講者さんの描いた「ゆめよみ」と、

その読み解き、第二弾です。

第一弾は、こちらからどうぞ。

 

ゆめよみとは、描いていただいたイラストを、

タロットカードで読み解き、

自分の可能性と進みたい方向をさぐる、新メソッドです。

  

  

タイトルはこちらも「今年のクリスマスに自分にあげたいご褒美」です。

受講者さんは、まず対面でタロット占いをされたい、とのことでした。

 

こちらも青い服、そしてテーブルの上に置かれた本から、

「女教皇」直感・知性・受容性

……ゆめよみやタロットの知識が豊富になることが現れています。

  

   

黄色の星が7つきらめいていることから

「金貨の7」野心

……ある程度の成果はでているが、さらに上をねらえることでしょう

  

花瓶に花が一本活けてあることから

「棒のエース」始まり・意欲・創造性

……おそらく、ほどなく対面での占いを開始できるでしょう

  描かれている位置からすると、あまり努力しないでできそうです。

  

   

話をしている吹き出しの中に音符があること、

また照明が上から強い光を放っていることから、

「審判」復活・覚醒・繰り返しチャレンジすると願いが叶う

……ある時「自分はできる」という覚醒がありそうです。

  自分でも、やれると信じてチャレンジを繰り返すとよいでしょう。

  

そのほか、テーブルの上のカップから「聖杯のエース」

新たな出会いによる心の交流も期待できそうですね。

  

……などなど、のことが読み取れました。

絵に描ける、ということは、イメージできるということ。

イメージできるということは、

そこへ向けて歩んでいけるということです。

  

  

このゆめよみでは、まずは自分で「できる」と思い込むこと、

そして「始める」こと

さらに、自分の中の意欲や向上心を大事にすることで、

考えているよりもずっと早く、

このイメージを実現できることがあらわれていました。

  

よろしかったら、クリックを(^人^)。

 リンクバナー

 

『ゆめよみ』とは、ご自身の望む「豊かさ」「愛」「理想」など、

タイトルに沿った簡単な絵を描いていただき、

その絵をタロットカードによって読み解く、まったく新しいメソッドです。

くわしくは、こちらをご参照ください。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください