ゆめよみってこんな感じです(その1)


8月8日(土)に行われた「ゆめよみインストラクター養成プログラム」

にて、受講者さんの描いた「ゆめよみ」と、

その読み解きを解説します。

 

タイトルは「今年のクリスマスに自分にあげたいご褒美」です。

受講者さんは、ゆめよみ師としての活躍と、

生活のためのお仕事、

そしてお引越しをなさりたいとのことでした。

まずは青い服、そして背後の建物の色から

「女教皇」直感・知性・受容性

……ゆめよみやタロットの勉強をおさめる、

または就職のためのスキルアップに励むとよいでしょう。

 

黄色&オレンジの星が9つきらめいていることから

「金貨の9」豊かさ・喜び・文化・思慮分別

……ゆったりすごすための豊かさが得られる(収入は大丈夫でしょう)

 

背後の建物から、さらに

「月」高い目的に近づいたが故の不安感・想像力・直感

無意識からのアドバイス・幻想

……お引越しには、直感や夢を大切にするとよいでしょう。

 

ということが読み取れました。

絵に描ける、ということは、イメージできるということ。

イメージできるということは、そこへ向けて歩んでいけるということです。

勉強やスキルアップ、豊かさを楽しむ心、

そして直感や想像力、夢を大切にすると、

このイメージへ早く確かに進んでいくことが可能です。

 

よろしかったらクリックを(^人^)。

リンクバナー

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください