風の時代というけれど(2020年を振り返って)


 

 

 

ミドリだ。

最近少し気になることがある。

 

 

 

例のグレコンの話は、

(グレコンはその1その2その3参照)

占星術よく知らない人間まで、

いろいろ言ってるが。

 

 

 

風の時代 = 軽やか

では、ないから(´・Д・)」。

 

 

 

風ってまあ、占星術では、

知識とか情報とか判断とか、

を示すんだが。

 

 

 

タロットでいうと、剣だ。

 

 

物事に名前をつけ、

切り分け、線引きし、

レッテルをはり、

ああだこうだと判断し、決めつける。

 

 

 

ひじょうに鋭く、切られれば

(決め付けられれば)痛いし、

両刃なので、しばしば切る方も痛い。

 

 

 

ましてや風の星座の中でも

「気団」にたとえられる、

水瓶座のグレコンなら、重い。

 

 

 

あ、気団って、

高気圧とか、低気圧とか、台風とか、

そういう「空気のかたまり」だ。

 

 

 

そんな水瓶座に入ってすぐに、

グレコンが起こっている。

おそらくこれからも、とても強い力で、

世の中を変えていくだろう。

 

 

 

正直、あたしは2020年の占いを外し、

オリンピックが延期になった時点で、

ちょっとビビっていた。

 

 

 

いや、オリンピックが東京に決まった時点で、

占い師仲間では

「これ、本当にできるのかな(´・Д・)?」

「その前に何か起きそうだよね(´・Д・)」

ってな話は、してた。

 

 

 

だが、国の力はでかい。

国と国とが力を合わせたら、さらにでかい。

本当にそんなことって、あるのか?

 

 

 

しかし星の示しは、その力を難なく超えた。

「これは、来るんだ」

と言うのが、正直な感慨だ。

 

 

 

何がって?

新時代だよ。

 

 

 

で、じゃあ個人は「何をすべきなのか」

と言うと。

自分の考えを持て

他人に流されるな

だが、他人の生き方を尊重しろ。

これに尽きる。

 

 

 

で、来年はまず、自分が何を思い、何を考え、

何を望んで欲しているのかを、

よく省みてくれ。

すべては、そこから始まるだろう。

 

 

 

重い話になったので、最後にこれでも聞いて、

元気出してくれ。

水瓶座のグレコンだったら、

こんな風に生きればいんじゃね?

というのが、きれいに曲になっている。

(当たり前だが、音出るから注意な)

え、どこにも行けないって?

家から出られないなら、

心に、魂に翼を生やせ。

想像力さえあれば、

どこにでも行けるさψ(`∇´)ψ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください