バチカンは当然、シンボルの国だぞ


 

 

midoriだ。

ローマがシンボルの都なのは当然だが、

バチカンはそれに輪をかけて、

シンボルの国だ。

まあ、カソリックの総本山なんだから、

当たり前だな(´・Д・)。

 

 

そのバチカンで目についたものといえば、

「鍵」だ。

法王庁の紋章だから、

これも山ほどあって当然のシンボルだがな。

 

 

しかしザクザク鍵が出てくる。

鍵ばかりが目に入る。

IMG_0283

 

絵の上方に鍵。

IMG_0268

 

交差した鍵たち。

IMG_0265

 

床をみても鍵。

IMG_0247

 

バチカンでの交差された鍵は、

初代法王ペトロが、キリストから与えられた、

天国の鍵(金)と地上の鍵(銀)だ。

 

 

繰り返すがバチカンだから、

鍵が出てくるのは当たり前なのだ。

しかし、絵や彫刻は他にも山ほどあり、

繰り返し出てくるもの……たとえば、

ブドウでも、リンゴでも、星でも、

モチーフは山ほどあるわけだ。

その中で「鍵」が目につくことに、

そこが「ひっかかる」ことに意味がある。

 

 

タロットにも法王には鍵が描かれている。

220px-RWS_Tarot_05_Hierophant

足元のここに注目 ↓

法王の鍵

 

 

タロットでいう「鍵」も似たようなもので、

精神の世界を開く、開放される、

ワンランク上のステージに上がる方法がわかる、

ヒントが見つかる 秘密は守られる

という意味がある。

ドリームブックでは、

心の扉を開けて、真実に気付くこと。

 

 

ひじょうに固そうで、

なぜか「噛む」というイメージが、

ついてまわった。

ドリームブックによると「噛む」は、

問題や学びに深く関わることらしい。

 

 

問題や学びに深く関わると、

なんかいいことあるみたいだな。

……ま、がんばって学ぶか(´・Д・)」。

というわけで、シンボルの読み解き方は、

まあ、こんな感じでやる。

 

 

鍵をよくなくすヤツ、閉塞感、ないかψ(`∇´)ψ?

ブログランキング

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

伸枝の広尾88スタジオでの鑑定は、

毎週火曜日だ。

だが、来週は2月10日の水曜日!

水曜日が、鑑定日だ!

今のところ、ぜんぶ空いてる。

 

13:00〜、14:30〜、16:00〜、17:30〜、19:00〜

ここから好きな時間を選べ(゚Д゚)。

申し込みはここからだ ⇒ https://goo.gl/iAHQcC

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください