シンボルとしての「1」


 

 

さて、シンボルとしての数、

始まりは当然「1」からだ。

トップを取りたいヤツ、勝ちたいヤツ、

何かを生み出したいヤツには、

1が力を貸してくれるだろう。

 

 

シンボルとしての「1」意味は

【スタート】【始まり】

まあカウントダウン以外で

「1」を見て「終わった」と思うヤツもいまい(´・Д・)。

ここから増えていく、始まりの数だ。

 

 

【意志】

物事を始めるには、意志の力が必要だ。

やるぞ、と決心しないと物事は始まらない。

そういう意味での、意志だ。

片腕を空へ突き上げるような「1」のあり方だ。

 

 

【独創性】【創造性】

世界中に一個しかなければ、

それは「めずらしいもの」「尊いもの」となる。

この世でひとつだけの、オリジナリティ。

無から生まれた有。

0から生まれる「1」のクリエイティブさ。

天上天下唯我独尊と言われた、

お釈迦様の境地のような「1」の姿だ。

【神】をあらわす数字でもある。

 

 

【勝利】

争って最後のひとりに残れたなら、

それは当然、勝利だ。

 

 

【孤独】

あまりこの意味では使われないが、

まあ、他に人がいなければ、孤独だわな(´・Д・)。

 

 

【自分】

自分がいなければ、この世はないも同然(゚Д゚)。

自分こそ世界のすべてだ。まず自分。

自分に元気がなければ、他人も助けられん。
以上が、シンボルとしての「1」だ。

 

 

エゴとかいうなよ。人の本質だ(゚Д゚)

ブログランキング

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

さて、もっとも身近な自分のルーツ、

といえば親だな(´・Д・)。

西洋占星術では、自分と親との関係が、

すべての人間関係、だけではなく、

ものの見方の基本となる、と説く。

 

 

もちろん「逃れられない」なんていうつもりは、

まったくない。

だが親との問題点を意識できていないなら、

それこそ、そこが問題だろう。

 

 

「ゆめよみ」を使うと、親子関係を通して、

人間関係の根本的な問題を探りだすことができる。

ついでに西洋占星術を使って

「なぜ親子のゆがみが生じるか」も説明するぞ。

……まあ、その理由はたいてい「愛」ゆえになんだが、

この「愛」ってやつが、扱いがむずかしい(´・Д・)」

 

 

★ こんなヤツ、どうだ?

  子どもが、言うことをきかない

  子どもを、どう扱っていいか迷っている

  親との関係がうまくいかない

  親に自分の気持ちをわかってほしい

  親のことを考えると複雑な気持ちになる

  子どもの気持ちがわからない

  親子の間で、思い出したくない記憶がある

 

 

★ こう変わるぞ

  子どもの態度が変わってくる

  子どもを、どう扱ったらよいかわかる

  親にどう接したらよいか見当がつく

  親に自分の気持ちを伝える方法がわかる

  親との関係を理解できるようになる

  子どもに歩み寄れるようになる

  親子間の記憶に、納得がいく
 

 
【日程】5月24日(火曜日)
    11:00〜13:00【昼の部】
    19:00~21:00【夜の部】
 
 
【場所】広尾88スタジオ
    渋谷区広尾5-21-5ライツェント広尾200
    地図:http://goo.gl/aTy0sw
 
【料金】3,000円(税込)
    当日現金支払い
 
【必要な物】ウエイト版タロットカード・筆記具
 
 ウエイト版タロットカードがないなら、
 当日、2,000円で販売するぞ(゚Д゚)
 
   
 
【申し込み】
 
募集人数は限定各10名様だ
   
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

応募はこの下から(´・Д・)」
  
⇒ https://goo.gl/1kNhVq
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

数という名のシンボル