植物観察に行ってきました


本日、8月21日は、フラワーエッセンスプラクティショナーの

東 昭史 先生をお呼びして、

港区白金台にある、自然教育園に植物観察に行ってきました。

都心にあるとは思えない、

豊かな自然、森や湿地が残されている癒しの場です。

IMG_4152 IMG_4148

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは参加する前に、今の自分が、どんな人生上の改善点、

もしくは気になる点を抱えているかを、きちんと把握します。

この点を把握しながら、植物園を回り

「これだ」と思う植物を探し出し、

観察しながら気になる点を「花に問う」のです。

 

次に植物園を軽く一周しながら、

東先生に、どこにどんな植物が育っているか、

軽くお伺いする……はずが、

この時点で参加者の驚きや発見また質問などなどがあり、

しっかり2時間かけて一周することになりました。

その後30分で、自分が最も気になった植物を観察します。

IMG_4147

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは迷った末に、どうしてもコレという気がして、

ミズヒキを観察しました。

ミズヒキは木立の下に生える多年草で、

細く伸びた茎に、蛍光して見えるほど鮮やかな、

赤い小さな花が、点々と穂のように上に向けて咲く美しい花です。

(スケッチはまったく美しくないですね……ひどい。恐縮です)

IMG_4164 IMG_4165

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この赤い花を目でたどっていくと、

何かを表しているようにも見える点も、面白いと思いました。

こうした観察点を、のちに東先生に読み解いていただきます。

 

まずミズヒキは暗い、

日の当たらないところに生えている。

なので、大きな表舞台に立つというより、

少しアングラな場所にいたい。

そこで、人の目を惹きつけたい。

 

また薬効に止血や胃痛、腰痛があるので、

こうした人の「内部」に、働きかける役割があるのではないか。

 

さらにミズヒキは花の様子が、

ご祝儀袋などに用いられる紅白の水引に似ているので、

その名がついたのですが、

これに例えて何らかの「ギフト」があるのではないか、

とのお話でした。

 

心の中を探ってみると、

なるほどと思う点がいろいろ出てきました。

……深いです。

 

それと同時に、野外で体を使いながら、

植物に触れる体験は、

体もひじょうに爽快になりますし、

精神的にも、とても癒される経験でした。

 

今後、広尾88スタジオでは、

東 昭史先生をお呼びして、

植物観察教室を開催する計画も立てております。

正式に決まりましたら、またご連絡いたしますね!

 

よろしかったら、クリックを(^人^)。

リンクバナー

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください