「N高等学校」開校の川上量生氏を見てみました


すごい高校ができるみたいです。
ネット上で授業が受けられ、年5回学校に行ってのレポート提出で、

高校卒業の資格が得られる「N高等学校」。

授業には、プログラムや各種コンテンツ製作、
ファッション、美容、農業、漁業、そして本気の大学進学も。

 

何より学費が、一年間約10万円、3年間で約30万円!

これなら、経済的な事情で進学を断念せざるを得なかったお子さんも、

高卒資格が得られる方、多くなるのではないでしょうか。

救われる親御さんもたくさんいらっしゃるでしょうね。

 

わかりやすい記述はこちら。
http://matome.naver.jp/odai/2144489377591414001

 

N高等学校のHPはこちらです。
http://ed.kadokawadwango.co.jp/index.html

 

そこで株式会社KADOKAWA・DWANGO代表取締役社長、川上量生氏の、
ホロスコープを拝見してみました。

 

すごい!

川上氏はもともと生まれた時の星回りとして、

太陽に、拡大発展の星・木星がぴったり寄り添っている

「幸運の持ち主」ではあるのです。

 

ですが、この大々的に発表のあった10月15日は、

生まれた時の太陽に、現在運行中の「拡大発展の星・木星」

それに「積極性の星・火星」がぴったりと重なり、

さらに「破壊と再生の星・冥王星」が、たいへんよい角度をとっていました。

 

この「木星」と「冥王星」のよい角度は『王様』を生む角度です。

川上氏の計画は、きっとうまくいくでしょう。

乙女座と山羊座という「土の星座」で起こる角度なので、

現実をバリバリと変えていくと思います。

強弱はありますが、この角度は来年の夏前までは有効に働きます。

 

注意点としては、既存の大学がいろいろ文句つけてきそうなところ。

でも今、空にある魚座の海王星=人々の夢(現在川上氏の生まれた時の月と同じ位置です)が、

射手座の土星=既存の大学制度を「溶かす」働きをするので、

なし崩しに改革が進んでいくのだと思います。

 

それよりも魚座の海王星=人々の夢が、乙女座の木星=奉仕精神を、

溶かしてしまわないかの方が、心配かもしれません。

学生さんたちや親が、あまりに「N高等学校」に甘えると、

学校の運営がうまくいかなくなる可能性があります。

みんなで大事にしたいですね!

 

ひさしぶりに胸がワクワクするようなニュースに出会えました。

非力ながら、かたやまはこの企画を応援します!

 

クリックでの応援、感謝です(^人^)。

br_c_2927_2

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください