原鉄道模型博物館に行ってきた


 

 

midoriだ。

伸枝はこの9月24日に、

SFな秘密結社ψ(`∇´)ψの集まりで、

横浜にある原鉄道模型博物館に行ってきた。

 

 

 

原鉄道模型博物館は、

今はもうお亡くなりになった

原信太郎氏が作成・収集した鉄道模型や写真、

その他、膨大な資料の「一部」が、

集められた博物館だ。

 

 

 

いやはや、すごかった(´・Д・)。

実は伸枝もあたしも、

電車や鉄道模型には大した興味はない。

完全なおつきあいでの入場だ。

 

 

 

だが、ほとんど興味のない人間にも、

不思議に心に響くものがある、

とても美しい博物館だった。

写真や画像撮影がOKだったので、

少数だが画像も撮ってきた。

 

 

 

img_1811

スイス国鉄 Ae4/7形

スイスの電気機関車らしい。

当たり前だがこれらの鉄道模型は、

出来合いの模型の箱を買ってきて、

組み立てたものなどではない。

屋根についたパンタグラフから、

針金を自分で折り曲げて作成している。

車体も車輪も自分で削り出し

……それだけでなく、本物と同じく動くように

(そっくりに、じゃないぞ。同じにだ(゚Д゚))

特殊な駆動装置を数年かけて再現しているそうだ。

 

 

img_1812 

箱根登山鉄道 チキ形 チキ1

原信太郎氏と同年の1919年に誕生した木造の登山電車で、

氏はお祖母様といっしょに乗ったことがあるらしい。

 

 

img_1814

 

 

 

 

 

 

 

 img_1815

これは作成ではなくオークションで落札の、

グッパータールの懸垂電車模型。

ロマンティックな佇まいが、よい。

 

 

 

巨大なジオラマには、優雅な音で鉄道模型が走り、

img_1822

 

img_1824

夕方

 

img_1819

と、ライトによってその姿を刻々と変える。

 

 

 img_1827

列車だけでなく、ジオラマには猫や犬、

 

img_1826

パワーローダー! など

意外なものが配されていて、見ていて飽きない。

 

 

 

ちなみに鉄道模型には本物同様、

鉄製のレールと車輪が使われているので、

とても「よい音」で走る、とのことだ(´・Д・)。

 

 

 

その他、東海道新幹線、他有名鉄道の一番切符

(最初に発行された切符)をとりまくったり、

一般人の海外渡航がむずかしかった昭和三十年代に、

ヨーロッパの鉄道に乗りまくったりと、

道楽の限りを尽くしている。

 

 

 

といっても原信太郎氏はただの道楽者ではなく、

コクヨ株式会社の専務までつとめた方で、

なおかつ6ヶ国語を操り300もの特許を個人で持ち、

しかもイケメン!!!

 

 

 

いや、こんな人物、小説で出したら

「リアリティなさ過ぎです(゚Д゚)」って、

まず編集から許しが出ないだろうな。

 

 

 

しかしただひたすら自分の「好き」を貫き通し、

妥協せずに極限まで上り詰めると、

ここまでのことができる、という、

すばらしい見本を見せてもらった。

 

 

  

なんだろう。

天使や天人に生まれるはずの魂が、

間違って人の肉体に宿ってしまった、

そんな方の人生の軌跡が垣間見られた、

貴重な一日だった。

   

 

 

入場券も一枚ずつ
別の模型が印刷されている(゚Д゚)

ブログランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください