死を想え(メメント・モリ)


かさこ塾の最後の教えとして、ありました。

死を想え……。

 

 

かたやまの持っている着物の約半数は、

着ていた方が亡くなっているか、

縫ってくれた人が亡くなっています。

着るたび思うのは、その人がいなくて、わたしがいることの、

不思議。

(もっとも縫ってくれた祖母は102歳で亡くなったので、

 そこは彼女の「愛」だけを感じるわけですが)

 

 

思えばこの10年、

何回、ありえないようなお葬式に出席し、

訃報を聞き、ため息をついたことか。

 

 

いつもニコニコしていれば長生きするとか、

嘘ばっかり。

そういう人から連れて行かれる。

明日、自分の番でも文句をいう気はありません。

粛々と列に並ぶのみです。

 

 

「死を想え」はラテン語でメメント・モリと言われ、

中世ヨーロッパではこの題材の銅版画が、

たくさん描かれ、刷られました。

(画像はウィキペディアからお借りしてきました)

memento mori

 

 

そうした銅版画はウエイト版のタロットカード、

「死神」の下地にもなったと言われています。

死神

 

 

メメント・モリ的な銅版画は、

中世ヨーロッパでは、庶民にとても愛されました。

そう、愛されたのです。

なぜなら「死」は誰にも平等に訪れるから。

 

 

王にも、貴族にも、法王にも、司祭にも、大商人にも

「死」は平等に訪れるため、

高貴な人、富貴な人が、骸骨に脅されている絵が、

多く描かれ、愛されたようです。

 

 

ウエイト版タロットカードでも、

カード下方に倒れている人たちは、

みな豪華な服です。

(それにはまた、別の意味があります。

後日機会を作って、ご説明いたします)

 

 

話がそれました。

この世に残った自分としては、

できるだけ好きなことをして生きていこう、

と思っています。

 

 

それがたとえ、寺山修司の「言葉餓鬼」の詩にあるような

「ただ無才なるおにのみ栄えつつ、嗤へりき」

という状態でも、命があるなら、そうして生きていきたい。

 

 

 

 

クリックでの応援、感謝です(^人^)。

 

ブログランキング

 

☆*:.。.  .。.:*☆☆*:.。.  .。.:*☆☆*:.。.  .。.:*☆☆*:.。.  .。.:*☆☆*:.。.  .。.:*☆

 

かたやまの鑑定は未来を当てるだけでなく、
その未来に対して「具体的に」「どうしたらよいか」
まで、きっちりお答えします。

あなたのこれからのチャンスも、しっかり鑑定いたします!

 

●11月24日(火)は、13:00〜、14:30〜、16:00〜

のみのお時間、空いております。

—————————————————–

鑑定ご希望の方は、
こちらから ⇒ https://goo.gl/PsWsLg

—————————————————–

 

●12月 1日(火)は、

14:30〜、16:00〜、17:30〜、19:00〜

のお時間、空いております。

—————————————————–

鑑定ご希望の方は、
こちらから ⇒ https://goo.gl/5fj4s2

—————————————————–

 

鑑定料金は、60分12000円
(リピーターの方は11月いっぱい8800円です。
マインドマップ講演会に出席の方で、
マインドマップ記入の上いらした方は、6000円です)

 

場所はいつもの、広尾88スタジオです!

〒150-0012
東京都渋谷区広尾5丁目21-5
ライツェント広尾200号室(裏手公園からお入りください)
https://db.tt/gImUjHpM

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

かさこ塾 最終日

次の記事

わたしが救われた本、3冊