不倫、どう思う?


 

 

midoriだ。

さて。なんで、こんなタイトルつけたか?

答えは、広告宣伝のためだψ(`∇´)ψ。

 

 

 

伸枝がマイナビウーマンで連載していた

「いつも寂しさとともに」が、

今月頭でめでたく完結。

 

 

 

最初は軽い気持ちで、

妻子持ちの男と恋に落ちた若い女が、

だんだんと深みにはまって……という話。

日頃いい人ぶっている伸枝が、

けっこうドロドロを書いているので、

乞うご期待だψ(`∇´)ψ。

 

 

 

で、あたしと伸枝が不倫をどう思ってるか。

正直、いいとも悪いとも思ってはない。

人間、時間がたつにつれ、

成長だか退化だかしらんが、どんどん変化する。

結婚していたとしても、その時その時に、

別の人間との深い関係が必要になるヤツもいる。

 

 

 

だから、いちいち咎め立てしても、

しょうがないんじゃね(´・Д・)?

というのが、ふたり共通した考え方だ。

 

 

 

ただし注意点はふたつ。

ひとつは、日本の社会は結婚に重きを置き、

婚姻の継続を妨げるものに対してきびしい。

その社会規範に逆らって生きるには、

気力、体力、知力、コミュニケーション能力、

社会的な地位、経済力などなど、

それ相応の「力」が必要だ。

「愛してる( ´ ▽ ` )ノ」だけだと慰謝料には勝てない。

 

 

 

あとは、すでに婚姻関係にある相手に、

不快な思いをさせない、

というのは人として当然だ(゚Д゚)。

 

 

 

さて、去年の9月から今年の9月9日、

この木星が乙女座にある期間は、

世の中が「不正」に対して厳しくなる期間だ。

 

 

 

例えば、ベッキーや舛添元都知事など、

例年だったら、ここまで叩かれなかったろう、

と、あたしは考える。

そして運気の流れが変わる9月9日の夜からは、

世の中は今までよりは

「不正」に対して寛容になるだろう。

 

 

 

特に、冬あたりからは、

逆に「悪の美学」みたいなものが、

語られ始める予感がある。

「ルパン」のようなピカレスクロマン

(悪者が活躍するストーリー)が流行るだろう。 

美しければ、かっこよければ、

何をしてもアリ、みたいな話、なψ(`∇´)ψ。

 

 

 

すでに製作発表されている、

映画やアニメ、ゲームには、

その兆候が見えているぞ。 

「後妻業の女」「ペルソナ5」なんかは、

決して「善人が善行する話」ではない。

人はすぐに星にノセられて動く。

感性の鋭いクリエイターほど兆候に敏感だ。

楽しみだなψ(`∇´)ψ。  

 

 

 

で、今回は小説読めよ、という話だから(゚Д゚)。

ブログランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください