「フセンで考えるとうまくいく」平本あきお を読んでみた


  

 

midoriだ。

世の中には「やらなきゃダメだろ(`ω´ )」という、

鉄板でグイグイ押してくるようなプレッシャーと

「やった方がいいのに〜(`∇´)」という、

こんにゃくでグイグイ押してくるようなプレッシャー、

で、あふれている。

 

 

 

仕事をきちんとこなすのは当たり前。

加えて、スキルを上げるための自己研鑽に励み、

食事に気をつけ、家は片付け、常に健康で、

メッセージやメールには即返信し、

FacebookやBlogで情報発信も欠かさず、

親戚やご近所ともそつなく付き合い、

親や子の面倒もきちんと見て……って。

 

全・部・は・ム・リ・だ・っ・て・(゚Д゚)!

 

 

 

とは言うものの、全てを放棄すると、

いくらあたしとて、社会生活は営めない(´・Д・)。

 

じゃあ、何を優先させたらいい?

 

 

 

フセンで考えるとうまくいく」のまえがきで、

オリンピック金メダリストのコーチングをした、

著者の平本あきお氏は言う。

  

ひと昔前までは世の中の流れがゆっくりでシンプルだった。

だから経験豊富で結果出してるヤツのいう通り動けば無問題。

だが、変化が激しくなった今、人のアドバイスで動いても、

必ずしも成功はできない。

 

>大切なのは、自分にとって必要なことを、

>自分に最適なタイミングで行うこと。

>だから、「自分は何を楽しいと感じているのか?」

>「自分は何を避けたいと願っているのか?」

>といった「自分の感性」がとても大事になります。

 

ということで「自分の感性」を見える化するために、

フセンを使ってみよう、というのが、この本の趣旨だ。

 

  

 

別にフセンを使わなくてもいいだろう(´・Д・)、

と思うヤツも多いだろう。

だが、フセンを使うと、短い文章で書けばいい。

間違えたら捨てればいい。

そして「書いたものの位置を動かせる」。

 

 

 

書いたフセンを、

好きな順、重要な順、時間順に並べて、

優先順位をはっきりさせたり。

2つ、3つ、4つとカテゴリー分けして、

問題の性質をはっきりさせたり。

挙げ句の果てには、

書いたフセンをコマにして、

夢の実現に向けたすごろくを作る、

なんて方法も紹介されている。

 

 

 

なぜ「書いたものを動かす」といいのか。

メモ書きなら、書かれた瞬間から、

その場に文字が固定されてしまう

= 思いや考えが固定されてしまう が、

フセンを動かしたなら、

書かれた状況や物や思考や感情を、

今までと別な角度から見ることができる。

 

 

 

そうすることで、

気づきや思い直し、考え直しを呼び起こし、

優先順位が浮かび上がったり、

問題解決の方法を探り出したりできる。

色がカラフルなのも、感性を刺激する。

 

 

 

書いたフセンをどう動かし、どう分けるかは、

本当にいろいろな方法が載っているので、

興味があるヤツは読んで試せばいいだろう(゚Д゚)。

 

 

 

あとがきで著者は言う。

世の中にはいろいろな成功法則があるが、

それは全部正しい。

その中で「今の自分」に合ったものを、

使うのが重要だと。

 

 

 

己を知り敵を知れば百戦危うからず、というが、

まずこの「己を知る」のが、

本当にむずかしいわけだ。

だから「自分の適性は?」なんて、

占い師のとこへ客が来るんだがψ(`∇´)ψ、

その前に、フセンを使って、

脳みその丸洗いをするのも、悪くないようだぞ。 

 

 

 

いやいや、鑑定にも申し込めよなっ(゚Д゚)!

ブログランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください