占い師になりたいヤツよっといで2ψ(`∇´)ψ


 

 

 

ミドリだ。

昨日の話の続きだが(´・Д・)」

ゆめよみインストラクター養成プログラム

の最終日に、

伸枝がはっきり言っていることがある。

 

 

 

それは

「占いができることと、

占い師になれることとは、また別」

という話だ。

 

 

 

もしあんたが「占い師になりたい」と思った時、

「誰が」占い師にしてくれるんだと思う(´・Д・)?

それは、講師や先生じゃなくて、

「お客さん」だ。

 

 

 

もしも今あんたが、アンチョコ見ながら、

たどたどしく占いをしていたとしても。

「占ってください!」

というお客さんが目前に列をなしているなら、

もうすでに、あんたは占い師だ。

 

 

 

逆に、どんなに当たる占いができても、

(当たる、にどのくらいの意味があるかは、

また今度話すけどψ(`∇´)ψ)

誰も占ってくれって来なかったら、

「占い師」にはなれない。

 

 

 

そして「占い師」には向かないヤツも

当然、いる。

なぜならこの商売は、ある意味

「究極のフリーランス」だからだ。

それがどういう意味かは、

長くなるから、今はやめとくがψ(`∇´)ψ、

 

 

 

とはいえ、占い師のスタイルもいろいろあり、

どういうスタイルが自分にあっているか、

そこを見極めるにはどうしたらいいかも、

講座の中で話をしている。

 

 

 

でまあ、まだ子どもに手がかかったり、

そうそう会社を休めない人間のために、

講座は月一の7時間、半年でやっている。

 

 

 

ただ、もっとじっくり取り組みたい、

という生徒さんのために、

ゆめよみインストラクター養成プログラムは、

なんと「再受講は一回無料」。

さらには速習講座も無料で受けられて、

Facebookに入れば、

わからないところは、

ほぼ半永久的に無料で質問できて、

月に一度のブラッシュアップ会も、

2000円で受講できる。

 

 

 

なんでここまでやるかというと、

前回も話したが、

占い師は人様の人生を預かる仕事だ。

そこそこ占いできるようになっても、

常に磨き続ける必要があるんだよ、やっぱり。

 

 

 

それに、志のある生徒さんはみな、

お客さんとガチで向き合った時

「もっと、できるようになりたい!」

と思うみたい(´・Д・)」。

 

 

 

というわけで、本気で、

お客さんのためになる占い師になりたい、

または、自分の運を開きたい、

と思うヤツ「だけ」来たらいいと思うぞ。

 

 

 

最低限「占い師は魔法使いじゃない」
という分別は持ってきてくれ(゚Д゚)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください