悪魔に会いに行ってきた


 

 

midoriだ。

確定申告が終わったので(꒪д꒪)、通常営業に戻す。

 

 

といいつつ3月12日は、

寳船の単独公演「キセキ×キセキ」を見てきた。

IMG_0633

 

自宅から比較的近い、というのと、

大瀧冬佳ちゃんが出るというので、

じゃあ行こうかと。

 

 

しかし正直、あまり期待はしていなかった。

なぜなら「日本の踊り」というのは、

ローカルな中だから続いているので、

世界の秤にかけてみたら、

とたんにひょいっと軽くなってしまうもの。

もっとはっきりいうと、

たいしたことないんじゃないの? 

と思っていたからだ。

伝統だから、小さい頃から親しんでいるから、

続いているんだろうな、と。

 

 

だから、いい意味で、ものすごく驚いた。

舞台の上には、阿波踊りでありながら、

大部分の日本人が持つであろう

阿波踊りのイメージから何歩も先にある、

見たこともない踊りとエネルギーが跳ねていた。

 

 

 

音とリズムに合わせて、

人の形をした何かが燃えていた。

あたしは「知り合いが出てるから来た」ことを、

3分で忘れ、舞台に夢中になった。

IMG_0656

 

 

 

とはいえ、冬佳ちゃんが出ればやはりうれしい。

なんでも最近はダンシングデビル? 

などと呼ばれてるという噂を聞き、まあまあ、

あんな、ほおづきみたいなかわいい子が( ´_ゝ`)、

と思ったが、でも、そう呼ばれるくらいじゃなきゃ、

舞台になんか立たんよな。

IMG_0638

(ちなみに彼女は左から2番目だ)

 

 

 

タロットの悪魔は、ただ単に悪魔を表すだけではなく、

古(いにしえ)の民が、キリスト教以前からの、

自分たちの古い神の姿をなんとか残すために、

その姿を悪魔に堕として記したもの、

とも言われている。

220px-RWS_Tarot_15_Devil

 

 

 

そして古(いにしえ)の神は、一神教の神とは違って、

単なる善神ではない。

特に自然の、この世の力をなぞらえた神ならば、

時に嵐のように人を飲み込み、

なぎ倒し、痛めつけもするし、

同時に深く豊かで、目の覚めるような、

恵みを与えることもある。

 

 

 

当然だが人間も自然に属するもの。

だから誰の中にも「悪魔」はいる。

それは簡単には収まりのつかない「生きる力」だ。

強く強く、欲っし、望んだものを引き寄せる力。

時に人を従わせ、押しのけてでも、

前に進もうとする力。

 

 

 

ありとあらゆる芸術は、この力を、

最も鮮やかに見せようとするものだと、

あたしは考えている。

 

 

 

舞台がはねた後、あたしにも、

エネルギーが燃え移ったようなので、

この先はぐいぐい進んでいけそうだ。

いや、いいものを見せてもらった。

機会があれば、ここの舞台は見ておくといいぞ。

 

 

 

ところで、おまえの中の悪魔は元気かψ(`∇´)ψ?

ブログランキング

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

来る3月23日、

新年度の開始に焦点を合わせて、

自分のキャラクターをしっかり構築する、

「キャラクター構築講座」をやるぞ(゚Д゚)。
  
 
新しい環境、新しい出会い、新しい人間関係。

今度も! または 今度こそ!

おまえという人間が、

みんなにわかってもらえるといいなψ(`∇´)ψ。

 

 

だって、誰だかわかんなかったら、

愛されるもへったくれもないだろ?  

 

 

去年3月、けっこう受けた

楽しくてすぐ使える「キャラ立て」の極意を、

教えてやるぞ!
  
 
『キャラクター構築 シンボルアートセラピー入門講座』
  
 
【日時】3月23日(水曜日)
    13:00~15:00【昼の部】
    19:00~21:00【夜の部】
  
 
【場所】広尾88スタジオ
    渋谷区広尾5-21-5ライツェント広尾200
    地図:http://goo.gl/aTy0sw
  
 
【料金】3,000円(税込)
    当日現金もってこい(゚Д゚)。
  
 
【必要な物】ウエイト版タロットカード・筆記具

 ウエイト版タロットカードないやつは、
 当日、2,000円で販売する。

 敷き布やポーチ等の販売もあるぞ。
  
 
【申し込み】

募集人数は限定各10名

とっとと申し込めよ。

ーーーーーーーーーーーーーーー

応募はこっちからだ。

⇒ https://goo.gl/GmhegJ

ーーーーーーーーーーーーーーー

来いよな(゚Д゚)!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

midoriとは何者か?

次の記事

「絵」は真実を語る