「はじめてのバレエ」に行ってきた


 

 

伸枝はこの8月にたっぷり休んで、

やっと9月から仕事を始めた。

「こんなに休んで、仕事に戻れるのか(´・Д・)?」

と思っていたが、まずまず大丈夫なようだ。

 

 

 

だか。

仕事に戻ったとたん、全身に力が入りまくり。

首、肩、背中がガチガチだ。

たぶん、以前からこんなだったが、

自分では気がついてなかったんだろうな(´・Д・)。

 

 

 

筋肉に余計な力が入る → 凝る

→ 血行が悪くなる → 冷える → 不調や病気

と言うわけで、

これ以上、身体を壊さないために、

大瀧冬佳氏がやっている

「はじめてのバレエ」に行ってきた。

 

 

 

「はじめてのバレエ」では、

身体の柔軟性を高めるために、

どうすれば身体から力を抜けるかを、

ていねいに教えてくれる。

 

 

 

なぜ力を抜くところから始めるか、それは、

「60力が入った身体が100動くより、

力の抜けた0の身体が100動いた方が、

よりダイナミックに見える」

的なところがあるからだそうだ。

なるほど、理にかなっている。

 

 

 

時間をかけて、ゆっくりゆっくり、

身体をほぐしていく。

が、ある時点から、例えば、

びっくりするほど開脚できるようになる

……その秘密は、ぜひレッスンを受けて、

体験してほしい。

 

 

 

鑑定でも、講座でも、講演会でも、

その他、いろんなヤツのいろんな仕事でも、

他者がいる場所では肉体より外、

いや、服より外側は、他者であり環境だ。

 

 

 

しかし例えば、こうしてPCに向かったり、

スマートフォンを打ったりしていると、

頭や腕や手だけが自分で、残りの肉体が、

「環境」となってしまう時がある。

小説を書いている時の伸枝など、

文字通り「頭でっかち」な状態だ。

肩こりなんかがひどくなると

「この肩め(゚Д゚)!」などと肩がうらめしくなる。

 

 

 

しかしそれが、身体にいいわけはない。

無視された身体は限界を越えれば、

当然、猛抗議を始めるわけだ。

伸枝はそうなってからやっと、

身体の言うことに耳を傾け始めた。

当然だが、身体あっての命だ(´・Д・)。 

 

 

 

そして、レッスンの最後には、

冬佳氏のダンスを見せてもらった。

img_1758  

美しい。

 

 

 

img_1760

そしてダイナミックだ。

充実した、とても濃い1時間が過ごせた。

 

 

 

伸枝の画像はぶざまなのでのせないψ(`∇´)ψ

ブログランキング

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 

 

うぉーっ、もうあさってじゃないか∑(゚Д゚)! 

伸枝は、9月18日(日)

東京第29回心と体が喜ぶ癒しフェスティバル

に出店するぞ。

タロット10分1000円、ゆめよみ10分500円、

以上、格安でご提供だ!

近くに住んでるヤツ、その日たまたま浅草寺に行くヤツ、

よって試してみると、いいと思うぞ。

ブース番号は「126」だ。

今回フェスティバル5周年で、入場料もタダ(゚Д゚)!

 

 

【時間】10:30 – 17:00

【入場料】5周年記念につき無料!

【場所】東京都立産業貿易センター(台東館)6F /(浅草駅から徒歩7分)

アクセス:https://www.sanbo.metro.tokyo.jp/taito/access/

 

東京メトロ 銀座線(地下鉄)浅草駅7番出口から徒歩5分

東武スカイツリーライン(伊勢崎線)浅草駅から徒歩5分

都営浅草線(地下鉄)浅草駅A5番出口から徒歩8分

 

 

詳しくは、ここのサイトを見ろ(゚Д゚)!
http://iyashifes.com/2016/09/05/tokyo-29th/
 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください