秋分の日……今年度下半期の運気


 

 

midoriだ。

22日は秋分の日だった。

この日は昼と夜の長さが同じになる。

 

 

 

西洋占星術では1年の起点を、

春分の日に定めているから、

22日はちょうど、その折り返し地点だった。

 

 

 

西洋占星術には過去、

農業用の暦の役割もあったので、

春、さまざまな命が芽吹く、

春分の日を1年の始まりとすると、

自然のサイクルとも、とてもよく合う。

 

 

 

ちなみに、世界中で使われている、

グレゴリオ暦の正月、1月1日は、

なぜこの日が起点になったのか、

いまいち理由がはっきりしてない。

 

 

 

そばにある大きな節目としては、

キリスト生誕祭12月25日があるが

……実はじーざす、

どうも、この日に生まれてないらしい(´・Д・)。

 

 

 

ローマ時代、キリスト教を広めようとしたヤツが、

当時、盛んだったミトラ教の「冬至」の大祭にのっかり、

勝手にじーざすの誕生日にしたのだそうだ。

 

 

 

冬至は1日の陽の長さがいちばん短くなる日。

力を失ったように見えた「太陽」が、

再び生まれ変わるとして、お祭りしたという。

 

 

 

キーンと寒い冬の最中、

一年の始まりを迎えるのも、いいものだ。

陽や温もりを乞う気持ちが、

自分の中の生命力を高めてくれる。

 

 

 

だが昼と夜の長さが等しくなり、

気候もちょうど過ごしやすくなる

「中庸」の「春分の日」「秋分に日」を起点に、

時間のサイクルを考えるのも、いい。

 

 

 

22日の「秋分の日」はここから、

太陽の力が確実に衰えていく、

まさに1年の折り返し地点だ。

 

 

 

この半年どう生きてきて、ここからどうするか。

それを考えるのに、

うってつけの時期だろう。

 

 

 

ちなみに西洋占星術では、
秋分点は後半半年を占う重要なポイントだ。

 

 

 

天秤座に木星の入った9月10日からは、

何度も人との交際を広げるといい、と書いてきたが、

23日からのこの半年は、家に人を呼び入れると、

同時に幸運も入ってくる。

 

 

 

その時は、あまりがんばらずに、

気楽な自然体がいいだろう。

 

 

 

あとは、一人の時間を大切にするといい。

人との交際を広げるといいといったが、

それは相手を鏡にして、自分を知るためだ。

だから、人と会う時は同じぐらい、

自分ひとりで「考える時間」も必要となる。

 

 

 

そこで発見する「思いがけない自分」が、

今年の秋から来年の春にかけて、

仕事や公の場での運気を、

大きく好転させてくれるだろう。

 

 

 

「思いがけない自分」に、

変わる勇気があれば、だがなψ(`∇´)ψ。

ブログランキング

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください